2010年11月25日

ウォーターサーバー設置

 大峯山 神泉洞の水」を毎日飲みたいと思い、ウォーターサーバーの設置を申し込むにあたっていろいろ調べてみたので、良かったら参考にしてください。

  まず、ウォーターサーバーに必要なスペースは、電源と35cm四方で大丈夫です。本体底部に防振ゴムが付いているので、フローリング床にも対応していますよ。35cm四方だと、かなりコンパクトに収まり、設置場所もいろいろ選べそうです。  
 冷水と温水の両方がひとつのウォーターサーバーで利用できるので、季節を問わず活躍してくれることでしょう。
お水の温度調整は、ウォーターサーバー本体背面に温度コントローラーがあり、冷水は5から1℃まで、温水は常温から90まで変えることができます。さらに、温水側コックにはチャイルドロックがついているので、小さなお子様が間違ってお湯を出してしまうことが無いようになっていて、とても安心です。そして、ウォーターサーバー本体は電気用品安全法(PSE)認可済製品ですので、安全面はきっちりしています。
 
 電話で配達曜日を確認できたら、申し込んだ数日後にはウォーターサーバーを設置しに来てもらえるようです。まずはじめに、お試しとして5ガロン(約19リットル)のお水をセッティングしてくれます。ウォーターサーバー設置から10日間経過した時か、お水が無くなりそうな頃に、本契約するかどうかの返事をすれば良いのです。仮にやっぱり要らないということであれば、無償で引き取ってくれますよ。 
 
契約するのであれば、最低1年は使いつづけたほうがお得のようです。なぜかというと、ウォーターサーバーは通常、レンタル料が発生しますが、1ヶ月に1度、5ガロン2本、または3ガロン3本を注文すれば、レンタル料が無料となるシステムになっているからです。お水の入っているボトルは、お水の配達時に引き取ってもらえますから、ゴミが出る心配もないですし、ストック分のボトルを置く場所さえあれば良いのでスペース的にも問題はないでしょう。初回以降はお水をウォーターサーバーにセットするのは、自分でしなければいけません。といっても、ワンタッチでできるので特に大変ではありません。まあ、少し重たいかなという程度でしょうか。でも、スーパーなどでお水を買って持って帰るよりは断然楽なのではないでしょうか。 

配達地域は限られるようですが、無料キャンペーン期間があります。私のブログの横にバナーが貼ってあるので詳細はそちらをご覧くださいね。嬉しいことに、日曜・祝日を除いて、夜9時まで受付しているので、お忙しいかたでも、申し込みできるのではないでしょうか。

     
posted by エウレカ at 18:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

様々なシーンでウォーターサーバー

 天然水ウォーターサーバー80度のお湯と10度の冷水がいつでも利用可能なので、季節を問わず活躍しています。例えば、夏だとお子様がいるご家庭においては、冷蔵庫に麦茶や冷水が絶えず必要なことでしょう。しかし、ウォーターサーバーがあれば、お子様でもご自分で好きなだけ冷水が飲めるのです。しかも、水道水を加工した加工水道水ではなく、天然湧出のミネラルウォーターですから、育ち盛りのお子様や、残留塩素に反応があるアトピー体質の方にも良い効果があることでしょう。


  一方、冬でも80度のお湯がすぐに出てくるので、お茶やコーヒーなども風味豊かに楽しむことが出来ます。なお、最近は二階や寝室に設置する方も多く、深夜にお水が飲みたくなった場合でも、すぐに手元で飲むことができる点がうけているようです。

  会社でも利用価値は高いです。突然のお客さまでもすぐにお飲み物をお出しすることが可能ですし、ポットのお湯の管理の必要性もなくなることでしょう。また、ウォーターサーバー本体には紙コップホルダーが装着できますから、不特定の方が利用される環境でも活用できるのです。

  医療機関、美容院、エステサロン、ヘアーサロン、マッサージ、各種ショールームといったお店や、企業の従業員の方々への福利厚生としての利用も増えています。そして、電源さえあれば水道施設のない場所への設置が可能ということもあり、工事現場事務所や新築住宅現地案内所などでの利用も多いのです。 また、本来の使い方のほかに、災害時の備蓄水としても活躍してくれます。この天然水ウォーターサーバーは水の重力で出水し、災害時に停電状態になって、冷・温水の機能が停止しても、水の出水は出来るからです。
posted by エウレカ at 20:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

ナチュラルなおいしさ

 ナチュラルミネラルウォーターの採水方法は、自然噴出している水を空気に触れさせず直接採水するのが理想的です。自然噴出とは、高い山脈からの浸透水の圧力が地下水にかかり、その圧力で水が湧出している状態をいいます。
 地下の内部からの強い圧力がかかっていると、地表から有害物が流入する状況になったとしても有害物の混入を防ぐことができるのです。自噴していない地下水を人為的に掘って汲み上げる方法もありますが、この方式で大量に汲み出すと、水位が低下して周辺地域の汚染物質の影響を受ける可能性が出てきます。
 
 理想的な採水環境の条件は、自然の力により押し出されて湧き出ている水を大気に暴露させることなく採水できるということです。神泉洞の自噴地点は山の内部(約200 m )にあり、全く外界の影響を受けることなく採水できるのです。このような理想的な採水環境は他にはほとんど例がありません。 
 
「大峯山 神泉洞の水」には、納得させられるだけの製造工程のこだわりがあります。それは、   以下の4つの点に表れているのです。
 
 神泉洞内の水を空気に一切触れさせず直接工場に送水。
   (
原水を少しでも大気に触れさせるだけで、細菌混入の恐れがあります) 

  
高性能の多段濾過システムにより最小0.1ミクロンのマイクロフィルターで処理
   (
神泉洞の内の水は極めて清浄で、無処理でも飲用できますが、商品化の為に処理されています) 

  品質の変わる加熱処理はしない。衛生的なクリーンルームで現地にてボトリング
   (85
30分間の加熱処理は原水の成分と風味を損なうのでしていません) 

  厳重な品質検査の後、専用車で出荷輸送。                  
 (万全の品質管理体制と毎日の水質検査、製造ラインの定期完全洗浄作業の実施)
  

  ここまで原水の良さを残すことにこだわっているお水が、ほかにもあるのでしょうか。
posted by エウレカ at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。